佐藤継雄 (さとうつぐを)

昭和31年  日本大学文学部
            倫理学科    卒業。
昭和35年  日本大学院文学部 
           (倫理学専攻) 中退。
昭和36年〜平成5年3月
        中学校で英語を教える。

 その間、アメリカ・イギリス短期留学。                                                 
  青森市教育委員会研究員・指導員、
中学校カウンセラー、
青森県東青区研究指導員、
青森県学力検査問題作成員、等を務める。


昭和50年・53年
  教育論文・読売新聞社読売教育賞
 受賞候補となる。

昭和54年     
  日本教育連合会会長賞を受ける。


現在、日本道徳学会評議員、
        科学基礎論学会会員。

   
     画 歴

04.8月  コペンハーゲンでの「創造の奇跡」展   大賞

  10月  第7回北京国際芸術博覧会        金賞

05.6月  ベネツィア日伊国際展           金賞

06.7月  今日の日本美術
               モナコフェスティバル     金賞


07      横浜日仏芸術祭        審査委員会賞
昭和9年。青森に生まれる。
めがねが特徴である。

独学で棟方志功に私淑。
画歴は25年になる。

今は個展をやりながら
NHK青森文化センター墨彩画・
俳画教室の講師もしている。

画家・佐藤継雄は自分では
あまり言わないが、
中学の英語教師であった。

絵とはかけ離れているので、
聞く人はみな驚く